ガイド日記

2015年 新年度 スタートミーティング&研修会 4/15

ガイド日記

新年度がスタートするにあたり、楽芸員ダッチャメンバー&サポーターによるスタートミーティングが開催された。また、小野寺主管による研修会も開講された。

開催日時:2015年4月15日(水)13:00-14:30
会場  :動物公園 ビジターセンター研修室
参加者 :ダッチャメンバー 庄司幸正さん、中目和子さん、浪岡のぶ子さん、
サポーター:大内園長、伊藤課長、小野寺主管、佐藤飛鳥さん、二瀬由理さん、両角清隆さん

■研修会
動物公園の役割について
ゾウの保護・密猟などの問題をテーマに、生態外保全施設としての動物(公)園の役割をお話いただいた。
世界で現実に起こっていることを知らせることが大切、など参考になるお話だった。

■ミーティング
1)本年度の案内活動日
昨年お同じように定例日を設定する
定例案内日:第1土曜日 10:00-(12:00)
第3水曜日 13:00-(15:00)
今年も、11月いっぱいまで定例案内を続ける
2)「八木山動物公園ガイドブック」の配布
今年2月に刊行されたガイドブックの第2版をメンバーに配布。
動物のことだけではなく様々な情報が掲載されています。

3)メンバー同士での情報交換・希望
・動物は動物園に入ったり移動したりよくするので、情報がほしい
→楽芸員ダッチャポストのようなものを設置して、案内活動に来たメンバーに情報が伝わるようにしたい(動物園より)
・今年は動物公園の10周年記念でもあり、行事も多い(動物園より)
・案内後にメンバーで懇親会等を持ちたい

今年も楽しく案内活動を続けることにして、お開きとなりました(両角記)

研修会150115-1
研修会の風景

研修会150115-2
楽芸員ダッチャ&サポーターのミーティング

2012年度 第四回案内ボランティア実施

ガイド日記

楽芸員ダッチャ二期生2名による案内ボランティアが実施された。

天気も良く、文化の日のイベント「八木山フェスタ」の開催で多くの来園者が動物公園を訪れていた。今回の案内ガイドは、参加人数が多い事もあり、二手に分かれて行った。中目さんはカバの説明を中心にアフリカ園を、渡辺さんは道中キリンの説明を行いながらホッキョクグマの案内を行いました。お二人とも得意の動物であり、また二回目ということもあって落ち着いて積極的に案内を行っていた。

動物公園側じゃないとわからないシマウマの怪我に対しての質問などが来園者からあり、楽芸員側の方でもより最新の情報を得なければいけないと感じる場面もあった。それでも、楽芸員の説明を聞いて動物により関心を示している来園者の姿を見ると活動に対しての達成感を感じ、説明して良かったと思う。

楽芸員ダッチャ:渡辺文隆さん、中目和子さん

サポーター(東北工大学生):吉田恵、武沢亮、佐藤拓実さん、小澤悠太さん、小嶋英央さん、鈴木貴浩さん、
(教員):両角、佐藤、二瀬、

実施日時:11月3日(土)10:00ー12:00

主な説明した動物:カバ、クロサイ、キリン、シマウマ、アフリカゾウ、ホッキョクグマ

初めての楽芸員ダッチャの活動を臨んで・・・

ガイド日記

曇り空の朝、ときどき雨がぱらついていました。

いよいよ開始、ガイド2回目の新妻さんから、始めていただき参考にさせていただきました。

当日の来園者は、小学生低学年のお子さんや小さいお子様連れのご家族、
そして、お孫さんたち(3世代のご家族)と一緒に来園された方々も見られました。

ガイドは、はじめに「ライオン、次にスマトラトラ、アビシニアコロブス」について説明しました。
時折小雨が降る中でしたが、出来るだけお子さん達にわかりやすくガイドできたら・・・と思って
声をかけました。

説明したい内容が、来園者に伝えられたか?、説明できたか?とちょっと不安はありましたが、
少しは理解していただいたかな?と思う場面もありました。

短い時間の中で、興味を持っていただくこと、説明するタイミングの難しさを感じました。
この経験を次回へ活かしたいと思います。
ときどき動物以外の質問も出て、八木山動物公園について、いろいろなことを知っておく必要もある
と感じました。

来園者の方々には、八木山動物公園に来て、「楽しかった。」や「動物に関心が高まった。」など、
良い思い出づくりのお役に立てるガイドが出来たら・・とあらためて思いました。

初めての説明を聞いてくださった方々、ありがとうございました。

2012年度 第三回案内ボランティア実施

ガイド日記

楽芸員ダッチャ二期生2名による案内ボランティアが実施された。

曇り空でパラパラと小雨が降るあいにくの天候でしたが、思いのほか来園者の数は少なくなく楽芸員の説明を聞いてくれました。新妻さんは二回目、木村さんは初めての案内でした。新妻さんは二回目という事もあり前回よりも堂々と説明をしており、木村さんも初めてとは思えない程落ち着いて丁寧に説明していました。「ライオンって何歳まで生きるんですか?」といった質問や楽芸員ダッチャの活動に興味を持って頂いた方など、直接来園者の方とお話する機会が多くあり、来園者の方も動物の説明に興味・関心をもって楽しく回ってくれたようだ。

楽芸員ダッチャ:新妻ゆりえさん、木村豊子さん

サポーター(東北工大学生):吉田恵、氏家拓海さん、遠藤大知さん

実施日時:10月28日(日)10:00ー11:30

主な説明した動物:カバ、白サイ、ライオン、スマトラトラ、アビシニアコロブス

カバを説明する新妻さん

カバを説明する新妻さん

ライオンを説明する木村さん

ライオンを説明する木村さん

スマトラトラを説明する木村さん

スマトラトラを説明する木村さん

アビシニアコロブスを説明する木村さん

アビシニアコロブスを説明する木村さん

2012/10/28 ダッチャガイド感想

ガイド日記

二回目のガイドに出ました。

どんより曇って、時々雨のぱらつく時間でしたが、

天気のわりには親子連れでの来場者が多くいらっしゃいました。

それでも前回の連休の時よりは、人出は少なく、説明を聞いていただくのも

少人数でしたので、マイクも必要なく身近な感じでできた気がします。

時々質問してくださる方もいらして、未熟ながらわかる範囲で

お答えできたと思っています。

でも、今後雨になった場合を考えると、見学も足早になり立ち止まって

説明を聞いていただくのは無理かなと思い、

雨天での活動をどうするか、考えなくてはと思いました。

2012/10/8 ダッチャガイド 感想

ガイド日記

今日初めてのガイドに出ました。

好天気の三連休最終日で早くから、たくさんのお客様がいらしてました。

お客様の流れている中での説明はかなり難しく、

どうしても、動物の方向を見ての言葉になり、地声もあまり大きくないので、

活動としての効果が出せなかったと思っています。

気軽に応募はしたものの、人前で話すこと。

伝えることの難しさを痛感しています。

勉強と工夫を重ねていくしかないとは思いますが、先が思いやられます。

サポーターの方からのアドバイスをどんどんお願いします。

2012年度 第二回案内ボランティア実施

ガイド日記

楽芸員ダッチャ一期生1名、二期生1名による案内ボランティアが実施された。

天気も良く3連休最終日と言う事もあり、家族連れやカップルなど、多くの来園者に動物の案内を聞いてもらうことができた。一期生の庄司さんが、始めにアフリカ園の各動物たちを案内し、二巡目に新妻さんが案内をした。久しぶりの案内だった庄司さん、今回が初めてだった新妻さん、お二人とも来園者からの質問に答えたり、「あのカバさんはもう歳で水の中の方が楽だから、いつも水中にいるんだよ」と言った説明で、来園者が動物に対しての興味を持ち、より楽しく園内を回っていた。

楽芸員ダッチャ:庄司幸正さん、新妻ゆりえさん

サポーター(東北工大学生):吉田恵、氏家拓海さん、小澤悠太さん、遠藤大知さん

実施日時:10月8日(月)10:00ー12:00

主な説明した動物:カバ、白サイ、キリン、フラミンゴ、アフリカゾウ、ニホンザル、レッサーパンダ

カバを説明する庄司さん

カバを説明する庄司さん

フラミンゴを説明する新妻さん、庄司さん

フラミンゴを説明する新妻さん、庄司さん

キリンを説明する新妻さん

キリンを説明する新妻さん

アフリカゾウを説明する庄司さん

アフリカゾウを説明する庄司さん

2012年度 最初の案内ボランティア実施

ガイド日記

楽芸員ダッチャ二期生3名による初めての案内ボランティアが実施された。

土曜日で、季節も良いので家族連れや幼稚園・保育園の児童も多く、多くの来園者に動物の案内を聞いてもらうことができた。3名は、それぞれお得意の動物の前で来園者の興味が湧くようなお話しをした。「カバは毎日35kg食べ、30kg排泄する…」と言った楽芸員ダッチャの説明に、聞いていた来園者が『35kgも食べるんだって』と新たな興味がわき、動物を見る楽しさが増したようであった。

楽芸員ダッチャ:中目和子さん、鈴木満雄さん、渡辺文隆さん

サポーター(東北工大学生、教員):吉田恵さん、佐藤拓実さん、小嶋英央さん、鈴木貴浩さん、両角

実施日時:10月6日(土)10:00ー12:00

主な説明した動物:カバ、白サイ、アフリカゾウ、ライオン、白クマ

楽芸員ダッチャ&サポーター集合 at ビジターセンター

楽芸員ダッチャ&サポーター集合 at ビジターセンター

カバ(ベロ)の説明をする中目さん

カバ(ベロ)の説明をする中目さん

白サイを説明する鈴木さん

白サイを説明する鈴木さん

アフリカゾウを説明する鈴木さん、渡辺さん

アフリカゾウを説明する鈴木さん、渡辺さん

ライオンを説明する鈴木さん

ライオンを説明する鈴木さん

白クマ(カイ)を説明する渡辺さん

白クマ(カイ)を説明する渡辺さん

食事をする白クマの説明をする渡辺さん

食事をする白クマの説明をする渡辺さん

カバ(ヒタチ、カポ)を説明する中目さん

カバ(ヒタチ、カポ)を説明する中目さん

楽芸員ダッチャ 1期生2期生合同ミーティング 開催

ガイド日記

8月29日に第2期の最終研修会が開催され、第2期では合計8名の楽芸員ダッチャが新たに認定された。これにより、第1期3名第2期8名合計11名の楽芸員ダッチャが誕生した。

新たな楽芸員ダッチャとサポーターも加わり、本格的に案内ボランティア活動を開催するに当たり、関係者が集まって、活動の方法を検討した。

その結果、10月~11月に土日祝日を中心に案内ボランティアを実施すること、12月に活動の反省会・研修会を開催すること等が決まった。最後に、楽芸員ダッチャの方にWebサイト「動物と楽芸員ダッチャの広場」に自己紹介を書いていただき、お開きとなった。

以下にミーティングの内容を記す。

参加者:楽芸員ダッチャ 8名、サポーター(候補含む):8名、動物公園関係者:2名、大学関係者:3名

日時:2012(H24)年9月23日 10:00より

場所:八木山動物公園 ビジターセンター 1F 研修室

内容:

1)楽芸員ダッチャおよびサポーターの紹介

2)案内ボランティア活動の進め方について
実施方法、日程調整、当面の活動期間等

3)当面の実施希望日調整

4)Webサイト「動物と楽芸員ダッチャの広場」への記事掲載について

自己紹介

楽芸員ダッチャとサポーターが自己紹介を行う

動物公園の栗城副園長さんも自己紹介

動物公園の栗城副園長さんの自己紹介、右端はいつも講師をしていただく小野寺係長さん

運営について話し合い

運営について話し合い

Webサイト「動物と楽芸員ダッチャの広場」へ自己紹介を登録する

Webサイト「動物と楽芸員ダッチャの広場」へ自己紹介を登録する

第2期 楽芸員ダッチャ研修会 第5回目(最終研修会②) 開催

ガイド日記

第2期 楽芸員ダッチャの最終研修会の第2回目が開催されました。

日時:平成24年8月29日(水)10:30~11:45

参加者:2期楽芸員候補4名、楽芸員サポーター7名  、佐藤(飛)、両角(東北工大)

八木山動物公園 副園長 栗城さん、飼育係展示係長 小野寺さん

内容:楽芸員の人たちのお気に入りの動物の前で動物の説明

今回は、6月13日に実施した最終研修会の第1回目から時間が経ってしまいましたが、2期楽芸員候補の4名の方が動物の前で説明をなさいました。説明の後、ビジターセンター研修室で、飼育係展示係長 小野寺さんから「楽芸員ダッチャ認定証」が手渡されました。これまでの八木山地区の住民の方に加えて、初めて東北工業大学ライフデザイン学部の学生3名が楽芸員ダッチャに認定されました。

これで2期生の楽芸員ダッチャは8名となり、1期生の方々とともに、ガイドボランティアとしての活躍が期待されます。

<楽芸員の方が説明した動物たち>

  • 木村豊子さん:スマトラトラ
  • 大柳雅寿さん:カバ
  • 江藤 遥さん  :サイ
  • 畑中悠里さん:レッサーパンダ

« 古い記事